Information
  • 2014.8.1~8.10
  • 2013年度日本陶磁協会賞金賞を受賞、銀座「和光ホール・・・

ご挨拶 - Profile -

このページは、陶芸家川瀬忍のプロフィールと今までの個展Worksを編集しております。
中国、官窯青磁の魅力に憧れ、自然界からの閃きを求め、
そのつどテーマによる個展発表を続けて参りました。
これからも、土の持つ「柔らかな、温かみ」を表現したく思っております。

English Page
  • 2016年
  • 現代陶芸「寛土里」第19回 <個展>『深紅妖婉』 ◆作品◆
  • 2015年
  • 東京日本橋「壺中居」第9回 <個展>『輪花 輪葉』 ◆作品◆
  • 2014年
  • 日本陶磁協会賞金賞を受賞、銀座「和光ホール」で記念展
    N.Y. 「Joan.B.Mirviss Ltd」第3回<個展>
    『The Blossoming of Celadon /青磁の開花』 ◆作品◆
  • 2013年
  • 現代陶芸「寛土里」第18回<個展>『深淵』 ◆作品◆
  • 2012年
  • 東京銀座「中長小西」<個展>『しろゑ』 ◆作品◆
  • 2012年
  • 「Art fair Tokyo 2012壺中居ブース」<序幕>『絞胎』
    東京日本橋「壺中居」第8回<個展>『絞胎』 ◆作品◆
  • 2011年
  • 菊池寛実記念 智美術館<個展>
    『川瀬忍の青磁 天青から 静かなる青へ』 ◆作品◆
  • 2010年
  • 現代陶芸「寛土里」第17回<個展>『滄浪』 ◆作品◆
  • 2009年
  • N.Y. 「Joan.B.Mirviss Ltd」第2回<個展>
    『Flowering Waves of Celadon /華青波』 ◆作品◆
    銀座 「黒田陶苑」 川瀬忍 酒器展 ―吟上のうつわ―  ◆作品◆
    「壺中居」第7回<個展>『外焔』 ◆作品◆
  • 2008年
  • 現代陶芸「寛土里」第16回<個展>『妖青の祈り』 ◆作品◆
  • 2007年
  • 「壺中居」第6回<個展>『理非曲直』 ◆作品◆
  • 2006年
  • 現代陶芸「寛土里」第15回<個展>『静盌』 ◆作品◆
  • 2005年
  • 「International Asian Art Fair」( N.Y. Joan.B.Mirviss Ltd)<個展>
    『The Serene of Celadon / Seijaku no bi』 ◆作品◆
  • 2004年
  • 「壺中居」第5回<個展>『捫扣有清聲-II』 ◆作品◆
  • 2003年
  • 「茨城県陶芸美術館」<白磁・青磁の世界>出品
    現代陶芸「寛土里」第14回<個展>『耳珠』 ◆作品◆
  • 2002年
  • 「壺中居」第4回<個展>『捫扣有清聲』 ◆作品◆
  • 2001年
  • 現代陶芸「寛土里」<三人展>『とら・TORA・虎』 ◆作品◆
  • 1999年
  • 現代陶芸「寛土里」第13回<個展>『香気』 ◆作品◆
  • 1998年
  • 「壺中居」第3回<個展>『鈞鎬』 ◆作品◆
  • 1997年
  • 現代陶芸「寛土里」第12回<個展>(「きょう あす あさって」茶の器に託す造形)『白玉尖』 ◆作品◆
  • 1996年
  • CONTEMPORARY JAPANESE CRAFTS(国際交流基金、巡回展)出品
    現代陶芸「寛土里」第11回<個展>『人鳥(ペンギン)』 ◆作品◆
    「信楽県立陶芸の森」<現代の陶芸美-凛->出品
    「大垣市郷土館」第2回<二代竹春、忍、竹志、父子三人展>出品
  • 1995年
  • <美の継承>(東京美術青年会創立60周年記念新作展)出品
  • 1994年
  • 現代陶芸「寛土里」第10回<個展>(「きのう きょう あした」茶の器に託す造形)『風麗呼』 ◆作品◆
  • 1992年
  • 現代陶芸「寛土里」第9回<個展>『鶴汀』 ◆作品◆
  • 1991年
  • 「阿曾美術」(東京銀座)「オーロラの心象(イマージュ)」と題した三人展と書籍を刊行
    現代陶芸「寛土里」第8回<個展>(「きのう きょう あした」茶の器に託す造形)『茶碗』 ◆作品◆
  • 1990年
  • 現代陶芸「寛土里」第7回<個展>『香炉』 ◆作品◆
  • 1989年
  • 「大垣市郷土館」<二代川瀬竹春、忍、竹志、父子三人展>
    「壺中居」第2回<個展>『玉意憧』 ◆作品◆
  • 1988年
  • 現代陶芸「寛土里」第6回<個展>(「きのう きょう あした」茶の器に託す造形)
  • 1987年
  • 現代陶芸「寛土里」第5回<個展>
  • 1985年
  • 「壺中居」第1回<個展>(文房具)
  • 1983年
  • JAPANESE CERAMICS TODAY(Smithsonian Institution Washington D.C.)と
    (Victoria and Albert Museum, London)出品
    現代陶芸「寛土里」第4回<個展>
  • 1982年
  • 現代陶芸「寛土里」第3回<個展>
  • 1981年
  • 「壺中居」第3回<竹春三代展>
    日本陶磁協会賞を受賞
  • 1979年
  • 現代陶芸「寛土里」第2回<個展>
    「壺中居」第2回<竹春三代展>
  • 1977年
  • 「大垣市文化会館」<川瀬竹春三代四人展>
    「壺中居」(東京日本橋)第1回<竹春三代展>
  • 1976年
  • 現代陶芸「寛土里」(東京ホテルニューオータニ内)第1回<個展>
  • 1968年
  • 祖父(初代竹春)、父のもとで作陶を始める
  • 1950年
  • 二代竹春の長男として、神奈川県大磯に生まれる
Japanese Page
  • 2016
  • "KANDORI"<Solo Exhibition>-19『SINKU YOUEN』 ◆Works◆
  • 2015
  • "KOCYUKYO"<Solo Exhibition>-9『Rimka Rimpa』 ◆Works◆
  • 2014
  • Japan Ceramic Society’s the Gold Prize
    <Solo Exhibition>-3
    『The Blossoming of Celadon』 ◆Works◆
  • 2013
  • KANDORI<Solo Exhibition>-18『SHINEN』 ◆Works◆
  • 2012
  • NAKACHO KONISHI ARTS <Solo Exhibition>-8『SHIROE』 ◆Works◆
  • 2012
  • Prologue Art Fair Tokyo 2012『KOHTAI』
    KOCYUKYO <Solo Exhibition>-8『KOHTAI』 ◆Works◆
  • 2011
  • Musée Tomo<Solo Exhibition>
    Beyond Tradition – Seeking His Serene Blue : Celadon Works by Kawase Shinobu 』 ◆Works◆
  • 2010
  • KANDORI<Solo Exhibition>-17『SOUROU』 ◆Works◆
  • 2009
  • Joan.B.Mirviss Ltd <Solo Exhibition>-2
    『Flowering Waves of Celadon /Kaseiha』 ◆Works◆
    GINZA TOKYO 「KURODATOUEN」 <Shinobu’s Sake Vessel> 『GINJO NO UTSUWA』 ◆Works◆
    KOCYUKYO”<Solo Exhibition>-7『GAIEN』 ◆Works◆
  • 2008
  • “KANDORI”<Solo Exhibition>-16『YOUSEI NO INORI 』 ◆Works◆
  • 2007
  • “KOCYUKYO”<Solo Exhibition>-6『 RIHIKYOKUCHOKU』 ◆Works◆
  • 2006
  • “KANDORI”<Solo Exhibition>-15 『 SEIWAN 』 ◆Works◆
  • 2005
  • 「International Asian Art Fair」( N.Y. Joan.B.Mirviss Ltd)<Solo Exhibition>
    『The Serene of Celadon / Seijaku no bi』 ◆Works◆
  • 2004
  • “KOCYUKYO”<Solo Exhibition>-5『 MONKOUSEISEIARI-II』 ◆Works◆
  • 2003
  • <White Porcelain and Celadon> (Ibaraki Ceramic Art Museum, Ibaraki)
    “KANDORI”<Solo Exhibition>-14 『MIMITAMA 』 ◆Works◆
  • 2002
  • “KOCYUKYO”<Solo Exhibition>-4『 MONKOUSEISEIARI』 ◆Works◆
  • 2001
  • < Three-person show> 『TORA  TORA  TORA』 (Kandori) ◆Works◆
  • 1999
  • “KANDORI”<Solo Exhibition>-10  『KOUKI』 ◆Works◆
  • 1998
  • “KOCYUKYO”<Solo Exhibition>-3 『KINKOU』 ◆Works◆
  • 1997
  • “KANDORI”<Solo Exhibition>-12 (Kyou Ashita Assate  『HAKUGYOKUSEN』 ◆Works◆
  • 1996
  • CONTEMPORARY JAPANESE CRAFTS (Japan Foundation)
    “KANDORI”<Solo Exhibition>-11 『PENGUIN』 ◆Works◆
    <Rin – Beauty of Contemporary Ceramics>(Sigaraki Ceramic Cultural Park Museum, Shiga)
    <Father-son Three-person show>-2  ( Ogaki Library, Ogaki in Gifu)
  • 1995
  • <Bi no Keisyou> (The Tokyo Art Club Young Men’s Association)
  • 1994
  • “KANDORI”<Solo Exhibition>-10 (Kinou kyou Ashita) 『FUREA』 ◆Works◆
  • 1992
  • “KANDORI”<Solo Exhibition>-9『KAKUTEI』 ◆Works◆
  • 1991
  • < Three-person show> 「Aurora」 ( Aso Bijutu,  Ginza  in Tokyo)
    “KANDORI”<Solo Exhibition>-8  (Kinou kyou Ashita)『CYAWAN』 ◆Works◆
  • 1990
  • “KANDORI”<Solo Exhibition>-7 『KOURO』 ◆Works◆
  • 1989
  • <Father-son Three-person show>  ( Ogaki Library, Ogaki in Gifu)
    “KOCYUKYO”<Solo Exhibition>-2『GYOKUISYOU』 ◆Works◆
  • 1988
  • “KANDORI”<Solo Exhibition>-6 (Kinou kyou Ashita)
  • 1987
  • “KANDORI”<Solo Exhibition>-5
  • 1985
  • “KOCYUKYO”<Solo Exhibition>-1 (BUNBOUGU)
  • 1983
  • JAPANESE CERAMICS TODAY(Smithsonian Institution Washington D.C.) and
    (Victoria and Albert Museum, London)
    “KANDORI”<Solo Exhibition>-4
  • 1982
  • “KANDORI”<Solo Exhibition>-3
  • 1981
  • <Chikushun Three Generations Exhibition>-3 (Kochukyo)
    Received The Japan Ceramic Society Award
  • 1979
  • “KANDORI”<Solo Exhibition>-2
    <Chikushun Three Generations Exhibition>-2 (Kochukyo)
  • 1977
  • <Kawase Chikushun:Exhibition of Three Generations> (Ogaki Municipal Culture Hall, Ogaki in Gifu)
    <Chikushun Three Generations Exhibition>-1  (Kochukyo, Nihon-basi in Tokyo)
  • 1976
  • “KANDORI”<Solo Exhibition>-1 (Hotel New Otani inTokyo)
  • 1968
  • Started working with my grandfather,Chikushun,and farther,Chikushun
  • 1950
  • Born in Oiso, Kanagawa Prefecture

作品集 - Portfolio -